読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Call of Venture ベンチャーの呼び声

スタートアップ企業で働く1人の若者。テック系スタートアップブログ。

Google AMP Office Hourまとめ

GoogleのAMP オフィスアワーを聞きながらメモしたものです。

動画時系列順にざっくり。

 

 

AMPとは

モバイルをさくさくにするためのプロジェクト。サイトの起動時間が3秒以上だと40%のユーザーが離脱(直帰)。早く表示することでUXがよくなる。

 

業界が必要としているもの

・はやい

・実装が簡単

・モバイルフレンドリー

・オープン

・マネタイズ可能であること

=AMP

 

AMPHTMLの新しい仕様(AMP-HTML)を作り、最低限のコードで最低限のことができるようにした。

コンテンツを見やすくし、トラフィックを増やす。

4倍早く、1/8のデータ量で起動できる。

 

 

AMPはなぜ早いか。技術的な話。

JSを削減

Bandwidthを最適化。適切なサイズの画像を配信するなど。

・同時並行ではなく、ユーザーが見たい順に表示する。

Googleがキャッシュしている。

 

国内では、twitter LINE アメーバが対応予定。

 

 

AMP対応すべきか

・動的な部分はまだ。

・静的なサイトでは対応推奨。

 

 

AMPか否かはランキング要因ではないが、結果的にUXが向上するので当然評価は高まる。これはAppIndexやモバイルフレンドリーでも同様。

GoogleアドセンスAMP対応済み。

Google ads以外のネットワークを導入する際には、AMP対応しているかを確認する必要が出てくる。

AMPのキャッシュは、クロールされた時に更新される。オリジナルページへクロールさせる。

Googleデベロッパー向けのStructured Data Testing Tool  Google ads以外のネットワークを導入する際には、AMP対応しているかを確認する必要が出てくる。でAMPが問題ないと言われていても、サチコでエラーが出る場合がある。

AMPのみのサイトも可能。できることが限られるだけ。

AMP validateを通らなかったものはキャッシュされない。

・サイト内の部分的なAMP対応は可能