読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Call of Venture ベンチャーの呼び声

スタートアップ企業で働く1人の若者。テック系スタートアップブログ。

影響を受けた書籍一覧。

思考のバックグラウンドを共有することで、意思の疎通がスムーズになるという話があります。

それで、影響を受けた本を共有したいねという話になって、書籍リストを作りました。

せっかくなので公の場にも書き起こしておこうと思います。

 

内容がそれほど良くない本も含まれていますが、バックグラウンドの共有目的で作られたリストのため、ご了承ください。 

また、技術専門書は除きました。

アイデアのつくり方

アイデアのつくり方

 

 

 

自分でやった方が早い病 (星海社新書)

自分でやった方が早い病 (星海社新書)

 

 

考具 ―考えるための道具、持っていますか?

考具 ―考えるための道具、持っていますか?

 

 

広告コピーってこう書くんだ!読本

広告コピーってこう書くんだ!読本

 

 

お金が教えてくれること  ~マイクロ起業で自由に生きる~

お金が教えてくれること ~マイクロ起業で自由に生きる~

 

 

もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

 

 

革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55

革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55

 

 

小さくても儲かる会社をつくれた4つの秘訣

小さくても儲かる会社をつくれた4つの秘訣

 

  

財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)

財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)

 

 

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)

 

  

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

 

  

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)

 

 

ドラッカー名著集1 経営者の条件

ドラッカー名著集1 経営者の条件

 

 

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

 

 

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

 

 

カーネギー話し方入門 文庫版

カーネギー話し方入門 文庫版

 

 

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

 

 

  

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

 

 

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

 

 

UNIXという考え方―その設計思想と哲学

UNIXという考え方―その設計思想と哲学

 

 

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

 

 

LOVE理論

LOVE理論

 

 

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
 

 

採用基準

採用基準

 

  

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

 

 

営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する

営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する

 

 

schoo.jp

ぼくのミニマリスト全盛期を振り返る。

僕は過去にかなりのミニマリストでした。今でも持ちモノは少ないのですが、ミニマリストというほどでもありません。

 

僕にとってミニマリスト期は、人生の底辺をただよっていた時期でもありました。(もちろん、今でもそれなりに底辺です。)

なんだかんだ大変な時期ですが、どんなに失敗して落ちぶれても、このラインまでなら元気でやっていけるぞ、というのを忘れないうちに、当時の暮らしぶりを書き起こしておきたいと思います。

 

住んでいたところ

当時、僕は寝泊まりできる所が3か所ありました。

1つは学生寮、もう1つは他人の家、もう1つも他人の家です。

学生寮は親が払い、他人の家はそれぞれ持ち主が家賃を払っていたので、僕の負担額はゼロでした。

 

メイン宿であるところの他人の家Aは、宿主が別宅に住んでおり、僕は一人暮らしをしていました。水道、ガス、電気はやはり宿主が払っていたので、僕の負担額はゼロです。

 

風呂はついておらず、トイレは共同、紙は持参でした。

風呂は銭湯か、近所にある他人の家Bで借りていました。

 

着るもの

服は2着しか持っていませんでした。

  • 普段着る服(デニムパンツと適当な上着)
  • 洗濯中に着る服

の2着です。

いつも同じ服を着ていました。こう言うと、臭いだとか不潔だと思われるでしょう。ですが、そもそもデニムはたまにしか洗わないものらしいんですよね。僕も汚いんじゃないかと思う気持ちはもっていましたが、ファッション界のエライ人も言ってるのでしかたありません。

匂いについては、消臭剤を小瓶に詰めて使っていたので無臭でした。

 

肌着は速乾性の衣類を着用し、寝る前に石鹸で洗って干し、乾いたモノを朝着るようにしていました。

 

洗濯中に着る服は、持ち運びの観点から年中半袖だったので、冬は寒かったと記憶しています。

 

食べ物

食べ物はごく普通です。

コンビニでカロリーパフォーマンスのよい菓子パンを食べるか、パスタを茹でて食べていました。もしくは先輩にご馳走になっていました。

パスタは、ソースを作り置きしておくと急にコスパがよくなります。濃いめにつくると良いです。既製品で味をつけるなら、お茶漬けの素とお湯を注いで食べると安くあがります。

聞くところによると、お好み焼きもコスパに優れるらしいです。

 

ちなみに、もっともコスパに優れる菓子パンは、チョコスティックパンでした。

 

持ち物

持ち物は、「開くPCバッグ」に入るモノで全てでした。

拠点が複数箇所あると、自然と必要なモノだけを持ち歩くようになります。拠点ごとに一揃いずつ買うのがもったいないなぁと思うからです。僕がミニマリスト化した理由でもあります。

具体的に持っていたのは

  • Mac Book Air
  • スマホやPCの充電器
  • 洗濯中に着る服(半袖上下)
  • 肌着一式
  • 小瓶につめた消臭剤
  • スイムタオル
  • 手ぬぐい
  • 石鹸
  • 防災用アルミシート
  • コンタクト用品
  • メガネ
  • S字フック
  • 紐の伸びるキーホルダー
  • 自作のエチケットボックス

以上です。(思い出せる限りでは)

 

スイムタオルは絞ることでなんどでも濡れた体を拭けます。ただし、きちんと乾かさないと臭くなりやすいです。手ぬぐいは速乾性に優れており、スイムタオルとの使い分けで重宝しました。

 

石鹸は、体を洗うのにはもちろん、衣類を手洗いするのにも役立ちます。タッパーに入れて持ち歩いていました。

 

防災シートは、体にまくと暖かいという効果があります。なぜか野宿に備えて用意していましたが、使用されることはありませんでした。2枚あり、体に巻く用と、下に敷く用を想定していました。

 

S字フックと紐の伸びるキーホルダーは、組み合わせることで簡易物干しになるというものでした。これにより、洗った下着をどこでも干すことができました。

また、デニムパンツのベルト通しにS字フックを引っ掛けることでハンガーの代わりにもなります。

 

自作のエチケットボックスは、常備薬、手鏡、カミソリ、爪切り、耳かき、耳栓などを入れていました。

これは非常に便利で、今でも使用しています。

f:id:callofventure:20160620233412j:image

帰省や旅行にこれを持っていくと、細々したところで困ることはほぼありません。

 

まとめ

というような感じで、わけのわからない試行錯誤がされていました。ミニマリストよりは、サバイバルに振れているような気もしますね。

この頃の僕は、決まった職もなく、学校にもいかずにプラプラしていました。学生にせよ社会人にせよ、普通は日々通うところがあるはずです。そうなると、このような装備で生活するのはかえって非効率でしょう。

しかしこの頃の僕は、本当にどこでも寝て起きて、しぶとく生きていくことができる人間だったと。

その日のことを忘れずに、日々坂を登っていきたいなと思う次第です。

心理学的にめっちゃ良い会議の方法。

実際にやってみたらめっちゃ良かったので書き起こしておきます。

これまでの会議が抱えていた問題

これまでやっていたのは、ごく普通の会議でした。

閉めきった部屋で適当に座って、PCひらきつつ、ごにょごにょやるかんじです。

人数は3~4人です。

コレには問題が2点あり、

・議論が脱線しがち

・全員が沈黙する時間がある。

議論が白熱して、険悪な雰囲気なることもしばしありました。大変だ。仲裁する身にもなってください。つらい。ぶんなぐるぞ。

今回試した、めっちゃ良い会議

めっちゃ良い会議に必要なものは以下の3つです。

・ちいさめのデスク(できれば円卓)

・紙、参加者ひとりずつ異なる色のペン

・できるだけリラックスできる空間

 

これで、紙にペンで書きながら議論を進行します。ホワイトボードはなくてよいです。

紙への書き方は自由です。箇条書きでも良いし、マインドマップでも良いです。皆で1枚に書いてもいいですし、それぞれが書いて随時見せ合っても良いです。

とにかく、議論の流れや全体が把握できるように書きましょう。そしてとにかく書きまくりましょう。

なぜ良いのか。どう良いのか

議論が活発になる。

会議が沈黙するときは、たいていイスにふんぞり返った姿勢のヤツがいます。例えば僕みたいなヤツです。まずこれが絶滅します。理由は単純です。書き物をすることで前傾姿勢になるからです。ふんぞり返れない。

小さなデスクなのでヒトとヒトとの距離が近くなるのも良いです。参加感が醸成され、全員が前向きにしゃべり始めます。また、険悪な雰囲気にもなりにくいです。

話が脱線しづらい。

脱線は、今何を話しているのか、話すべきなのかを見失うことで起こります。紙に書き加えながら意見を交換するので、ブレづらくなります。これまでの流れや、議題も書いているので、全体がわかりやすいのです。マインドマップなどを書くと分かりやすいでしょう。

発言ログが残る

参加者がそれぞれ自分の色のペンを使うことで、だれが何を発言したかすぐに分かります。あとから議事録起こすのも簡単です。言った言わない議論にもならない。つよい。

環境 is 大事

以上です。

CTO Nightで元楽天CTOの安武さんが「人は環境にめちゃくちゃ左右されるぞ。心理学を学ぶんだ。いいな。」とおっしゃっており、そこから着想しました。

ファシリテーターやタイムキーパーも大事ですが、よい会議をするには環境も大切だなぁと思う次第です。

Slackのremindコマンドが超便利なので、使い方とその便利さを紹介したい。

便利です。今一番使っているコマンドです。

 

remindコマンドは何ができるのか。

指定した時間にリマインドを送ってくれます。一回きりの設定も、定期的なリマインドも可能です。

自分や他者個人に送ることも可能ですし、チャンネルに向けて送ることもできます。

 

つかいかた

詳しい使い方は、

/remind help

で確認できます。

基本的な使い方は、次のような感じ。

/remind [宛先] [送りたいテキスト] [日時] 

 

実例集

・17時になったらAさんの進捗を確認したい

/remind me Aさんの進捗を確認 at 5pm

もしくは

/remind @A 進捗いかがでしょうか?連絡をお願いします。 at 17:00

・平日は毎日、昼休み終了をアナウンスしたい。

/remind #general "@channel 昼休み終了です!午後も頑張りましょう!" at 1pm every weekday

・チーム内ミーティングをしたいが、今は皆手が離せないので、2時間後にやりたい。

/remind #team_hoge "@takashi @yusuke そろそろミーティングしましょ" in 2h

 みたいな感じで使えます。毎月何日にとかも出来ます。

 

 

設定済みのリマインドは

/remind list 

で確認できます。

 

何よりこのコマンド、どこのチャンネルで打っても大丈夫なのがいいですね。

(slack botからsetのお知らせが出ますが、他者からはみえません。)

開いているチャンネルで気軽にリマインドを設定できます。

 

「なんやて駆動開発」というのを思いついたが、既出だった。

http://livedoor.4.blogimg.jp/maji_kichi/imgs/4/0/40b411de.jpg

 

 確認できる範囲では2013年時点で既出でした。

 

朝方になる方法。生活習慣をできるだけかんたんに改善する。

社内で生活習慣の改善がとても流行っています。

要は、夜型から朝型にシフトしようという試みです。

結論から言うと、結構カンタンにシフトできました。朝方、すごくいいですね。

いまのところ上手くいっている方法があるので、文章に起こしておこうと思います。

 

食生活改善も行われているのですが、それは機会があればまたエントリにしようと思います。

やりかた

つぎの2点を必ず守りましょう。

・23時までに必ず寝る。

・22時までに夕飯を取る。

 

以上です。これで7時には起きれます。

いやいやいや!それができたら苦労してないわ!

と思うでしょう。でも意外とそうでもないんですよね。

ぜひ続きをよんでみてほしいなぁと思います。

 

なぜ生活習慣は崩れるのだろう

生活習慣が良くない人(遅刻が多いなど)にありがちなのは、夜寝るのが遅いということです。

もしこれをよんでいるあなたが生活習慣に悩んでいるなら、自分の寝る時間を思い出してみてほしいです。もしかして午前2時に寝ることが多くないですか?

少なくともぼくの周囲では、2時が多いです。

 

これには理由があるんですね。

人間の体には、23時を過ぎて活動していると、逆に目が覚めるという仕組みが備わっています。

名前は忘れてしまったんですが、なにかしら物質が体内で分泌されて、これが意識を覚醒させます。

この物質の効果は3時間ほど続き、だいたい午前2時でリミットが来て、眠くなるというわけなのです。

 

つまり、

23時を過ぎる→覚醒物質分泌→寝つきにくくなる→2時になる→朝起きれない

 

という流れです。23時というのが一つのボーダーになっているんですね。

なので、単に23時に寝る、というだけで次のように改善されます。

 

23時までに寝る→ぐっすり→7時に起きれる。

 

簡単ですね。23時に寝るだけです。

 

23時に寝るために

そうなると、今度は23時にベストな状態で寝れるようにする必要があります。

そこで大切なのが、食事のタイミングです。

食べたばかりで寝ると、睡眠の質が低くなるらしいです。遅くとも、寝る1時間前までには食べ終わりたいところです。

 

こまかいTipsとしては、

・夕食ででんぷん質をとる

・明かりを早めに消す

・白い蛍光灯ではなく落ち着く電球色の明かりに変える

などすると、より寝つきやすくなります。ゆっくり湯船に浸かるのも良さそう。シャワーだけだと目が覚めるみたいです。

 

固有時制御・三重加速(タイムアルター トリプルアクセル)理論

とはいえ、夜早く寝るともったいないような気がしますよね。

早く寝るということに、自分を納得させる必要があります。

 

そこでぼくから提唱したいのは、『固有時制御・三重加速(タイムアルター トリプルアクセル)理論』です。

 

朝にたっぷり作業したつもりでも30分しか過ぎていなかったという経験、ありませんか?

一説によると、体感としての時の流れは一定ではないそうです。朝は時間がゆっくり流れているんだとか。

そのため、夜起きているより朝起きている方が得なのです。

具体的には、朝の1時間 = 夜の3時間 とみなします。

つまり、朝は夜の3倍速で動けるのと一緒です。

 

これを、『固有時制御・三重加速(タイムアルター トリプルアクセル)理論』と呼びます。

www.youtube.com

固有時制御・三重加速(タイムアルター トリプルアクセル)理論に従うと、夜は1秒毎に2秒の損失がでることになります。

こう考えると、すぐさま寝て、時間を朝に回したい気持ちになれますよね。

いかに早く寝て、いかに早く起きるかというゲームが始まるのです。

 

ちなみにですが、読書などはタイムアルターしやすく、おしゃべりやスプラトゥーンはしにくいという報告がされています。

 

本当に誰でもできるのか?

サンプル数が少ないのですが、ぼくの周囲では改善が見られています。

中には、『絶対朝方は無理だと思ってた。ずっと何年も夜型だった』という人も含まれています。

そしてぼく自身もそうです。

 

仕事上、夜遅くなりがち、2時就寝になりがちなのですが、23時に寝ると確かに早くお切れます。不思議です。

 

朝起きることの良さ

一日で一番つらい瞬間って、朝起きるときなのではと思います。

その一瞬を前向きな気持ちで迎えられるというのは、すごく人生にプラスなんじゃないかなと思います。

 

以上です。

やわらかくディスりたいときに使えるワードとその翻訳。

『これがベストではないと感じているんだけど、アウトプットしたという事実自体はGoodだ!』という絶妙なニュアンスを伝えたい場合に使えるワードです。

これじゃないからもっと出してほしいんだけど、否定することで意見が出しづらくなったら嫌だなというシチュエーションで使えます。

ここではそうしたディスを柔らかディス=『やわディス』と呼ぶことにしましょう。

 

僕の身近で使われている『やわディス』ワードと、その意図するところをワンセットで紹介してきます。

 

リーンな感じだね

これは「リーン・スタートアップな感じだね」の略です。

リーンとは日本語で「ムダがなく効率的」という意味

リーン・スタートアップは、事業家の思い込みで顧客にとって無価値な製品やサービスを開発してしまうことに伴う、時間、労力、資源、情熱のムダをなくすための方法論。

最低限のコストと短いサイクルで仮説の構築と検証を繰り返しながら、市場やユーザーのニーズを探り当てていくのが特徴です。

リーン・スタートアップ(リーン スタートアップ)とは - コトバンク

より正確なニュアンスとしては「リーンスタートアップ的手法で仮説検証をこれからやっていくにふさわしい、まるで芽吹く前の種のようなかんじ」になります。

「リーン」自体の意味とはズレがあるので、スタートアップ界隈以外では使いづらいかもしれません。

ジャストアイデアだね

翻訳: 

いいね。そういう方向性のアイデアもあるんだな。でも僕のイメージするものとは違うかもしれない。しかし君のその前向きな姿勢は評価したいよ。この空間の情報量を増やすという意味でも、ディスカッションを盛り上げるアイスブレクという意味でも最高だ。君のそういうところが好きで一緒に働いているんだ。この調子でもっとアイデアをたくさん出すうちに、これだという超クリティカルなものがきっと出てくるはずだ。さあ続けよう。トライだ!

 

近い 

 

みなさんの使用している『やわディス』ワードがありましたら、ぜひ教えて下さい。

もしくは考えて送ってください。トライだ!